さんとクミと私とさくら、の関係性

2017.05.18 (Thu)
よく周りに、
「嫁さんは子供産むと変わるぞ」
と散々言われてきたが、クミは全く変わる様子がなく、とりあえず安心しているw



さんも私も、疎かにされなくて良かった(笑)

ま、随分と共有する時間が長いから、互いにギャップがないようによく言葉を交わしてる。



さくら
首が座り追視するようになり、よく笑うが、よく不満も漏らすようになったw

日に日に感情を持つようになり、
日に日に家族の色が染まって行く。

その姿が愛おしい。



今年も立派に咲いてくれた桜。

この桜も大事に支えてあげないとな。



さて、この方はさくらをどう見ているのか。



ヒトの足を躊躇なく踏みつけるイヌには、なかなか乳児を近寄らせないけどねw

抱っこして座っていると、忘れた頃にさくらの頭の匂いを嗅ぎに来る。ただそれだけ。

様子を見ているのか、我関せずなのか。




家族を踏み台にしないように

彼には、もう少し大人になって頂いて
彼女も、もう少し大きくなって頂こうかね。



『月夜の桜』
back-to-top