珈琲と情熱と益子

2014.02.18 (Tue)
今回の大雪で

帰宅出来ず、泣く泣く職場に連泊

そんな彼の淹れる珈琲が旨いんだ

深い薫りと余韻の長い

今回の珈琲はまた格別

ご馳走さん。







トラックバックURL
http://konomi503life.blog.fc2.com/tb.php/493-9a1bd79d
トラックバック
back-to-top